スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外昔話。。~ちゅぱちゅぱ編~

というわけで、高校時代海外に行ってきたわけです。



場所はそうですね・・・
結構小さい国でして、白人が主なんですが原住民もいる国でして、
そんな国に2ヶ月ほど学校に通わせてもらったわけです。



今回はホームステイ先のファミリーの話をさせていただきます。



その家のファミリーはオーストラリアから移住してきた人だそうで、
両親に娘さん二人、息子さんが一人の5人家族でした。



特に娘さん二人がすごいかわいい子達でして。


長女は小学4・5年生くらいだったのですが、
絶対綺麗な子になるなぁって簡単に予測できる顔立ち、体型で、
もうすごいかわいい子でして。

「あと五・・いや三年・・・むしろ今ここで・・(*´д`*)ハァハァ」


などと、心の中で何度復唱して自分を抑え込んだことか・・←



一方次女の方はといいますと、幼稚園の年長といったくらいで、
ぽっちゃりしてるかわいい子豚ちゃんみたいな子でして。
で、何がかわいいって、こんなことしてくるんです。





 |ω・`)←その子


ぺる「??(振り返る)」


 |=3ピュン


ぺる「・・・・・(また向き直る)」


 |ω・`)ヒョコ


ぺる「・・・・・・・」


  |ω・`)<お願い。こっちきて




こ・・こいつ~~~~~゜+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜
お兄ちゃんと、ちょっと楽しいことしようよぉ~~~←(もはや犯罪者







てな具合にかわいい子たちに囲まれて、
ぺるは意気揚々と海外生活を始めたわけですが、
一つ、重大な問題が起こりました。



食事です。



いや、大抵の人たちがぶつかる壁だとは思うんです。
食事が合わないとかそういうのって。
ただボクの場合、美味しさとか、味覚とかそういうのじゃないんです。




いいですか、皆さん。
今、皆さんが手に持ってるマウスを離して、
その手のひらを、自分の顔に向けてください。


そして皆さん、当たり前かと思いますが5本の指がついてますよね。
その5本の指の指先を見て、関節が3つあるのを確認してください。


そして、その関節の上から二つ目、
つまり第二関節までを口に含んで咥えてみてください。



ちょっとイヤだ汚いと思うかもしれませんが、
これは実際やってみて頂くと、僕の心の叫びがより伝わると思うので
是非やってみて欲しい。


さて、やってみてわかってもらえますが、
かなり口の奥まで含んでいることが理解できると思います。



ではですよ。
仮にですが、皆さんが赤ちゃんの如く、母親のおっぱいを吸うようにですね。
その自分の指をちゅぱちゅぱ☆としゃぶるとします。
そしてその手で、コップやペットボトルといったものを触ったらどうなりますか?


考えるまでもなく、コップやペットボトルは唾でベトベトのヌメヌメ状態になるのが
容易に想像できますよね。



さて、ここまで言えばボクが何を言いたいのか、
皆さんにも理解できたでしょう。



そうです!
その一家は、子供も親も含め、
食事の度にその「指ちゅぱちゅぱ☆」を繰り返しやるんです。(´д`)アゥ


皆さんにも覚えはありませんか?
スナック菓子を食べたときに、指についたカスとかを
ちゅぱちゅぱ☆っとしゃぶってしまったことや、そういう人を見かけたことが。
私はあります。←




それをその一家は、やたら繰り返しやるわけです。
第二関節まで・・


「いやそこまでしゃぶらなくても・・・(´д`)ァゥァゥ」
って思うくらい何度も・・・



その上で悲しいのが、
ファミリーの皆さん、その手をお拭きにならないんですねこれが。
だからもう皆が使う水の入ったボトルとかはもうでろんでろんなわけです(´д`)


そして更に不幸なのが、
毎晩食卓に並ぶのが、そういう掴んで食べるパンや肉料理なんです。


仮に掴んで食べるものでなくても、
料理してる最中に、奥さんが、
味見したり、指についたものをとるときに

またちゅぱり☆
第二関節まで・・・・・・(´д`)ァゥ

そして、その手でまたお料理・・・


いや、私もね。せっかく食事もお弁当も朝昼晩出していただいて、
「こんなもん食えるか!」
なんて非道なことができる人間ではないですよ。



ですけどね。

あれは非道い・・・・・・・(´д`)



もう、ね。心を無にして胃袋に毎晩おさめてましたから。
心頭を滅却すれば火もまた涼し。
そんなことわざがこれほど似合う場面もそうないと思います。





お陰で、食べても食べた気がしないボクにとって、
日本から持ってきた梅干と、
現地のスーパーにあったヌードルだけがボクの救いの神でした・・・(´д`)






そんなボクに癒しを・・(´д`)↓




ただいま91位です^^



日本からの梅干も底を尽き、いよいよ絶望ムードが漂ってきたころ・・・

クラス担任「あなたには明日、別の家に引っ越してもらいます。」

ぺる「!?ちょ!明日!何それ!全然聞いてないってば」

クラス担任「あなたには田舎も体験してもらおうと思いましたので。」

ぺる「は・・はぁ・・・(突然すぎるだろ・・)」

クラス担任「別にあなたがどーーうしてもっていうならこのままでもいいですけど^^。」

ぺる「じゃ・・じゃあ引っ越します。」


ボクが心の中で、会心のガッツポーズをしたことは言うまでもないだろうw

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pelu6zyo1ma.blog93.fc2.com/tb.php/446-b8831b0c

 BLOG TOP 

プロフィール

ぺる

Author:ぺる
ぺる:
新シャ怪人やってます。
兄弟:
オタの姉が金融会社を徘徊中・・・
最近の悩み:
上司よ早く家に帰らせてくれぃー


本人から一言:
新社会人だけど、えっちです。

もち、リンクふりーです。
気軽にコメントくだされー
みんなでわいわいしましょ

※当ぶろぐは不定期でラジオ配信しています。コメントをその際に返答することもありますので予めご了承くだされ。

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

読んでます。

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。