スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つらいつらい


今日は就活の不条理さをなげく回です。そしてえらくまじめな回です。ええ、えろはなしです←

~~~~~~~~


だいたい就活というものは昔こそ4年生の10月解禁が普通でしたが、


今では4年生の4月に決まるのが当たり前という状態になってます。


ホント大変です。


それが、この前聞いたところによると、今年、4月で就活を終えたという人は、


去年の半分だったとか。それだけ、採用の厳選化が進んでいることが窺えるわけです。


まぁ確かに去年だろうと今年だろうと、採用される所謂優秀と呼ばれる人はいます。



そんな方は景気関係なく採用されるわけなので別によしとします。


また所謂駄目な人というのは、元々駄目なので苦労するのは当たり前なので、


これまたよしといえるかもしれません。


そんな中で一番不幸を被る人たちは誰なのか。


それは所謂普通の人と呼ばれる人なわけです。


別に、人間として優秀すぎるわけでもなく、と同時に全く何もないわけでもない。


そんな「普通」と呼ばれる人が一番今年と去年のギャップに苦しむわけです。


今年の都市銀行の採用数は、大手三行だけでも約3000人は削減しているわけです。


当然昨年通り、優秀な人は採用されます。駄目な人は切られます。


では、この3000人は?これが普通な人たちではないでしょうか


今までは、「まぁこいつもいいか・・」と、いれてもらえていたラインが急激にあがってしまい、


普通と呼ばれる人たちがあぶれることになったはずなのです。


大手のメーカーであっても数十人レベルでしか採用されない世界で、


3000人があぶれるということがどれだけ過酷な結果を招くか


今年の人たちを見れば一目瞭然ですよね。


普通の人がしのぎを削る2009年といえるのではないでしょうか。


まぁ、いくら嘆いても怨んでも仕方ないわけですが、


「仕方ない」で済まされないものを感じずにはいられない今の世の中ですね。




また一週間頑張りましょう↓






自分のどうしようもないところで何かが動いて、それに振り回されつつ生きていく。

結局のところ、こういうのが人生ってことなのかもしれないですね。

・・・・・・

ばーかばーかばーか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pelu6zyo1ma.blog93.fc2.com/tb.php/416-d2209087

 BLOG TOP 

プロフィール

ぺる

Author:ぺる
ぺる:
新シャ怪人やってます。
兄弟:
オタの姉が金融会社を徘徊中・・・
最近の悩み:
上司よ早く家に帰らせてくれぃー


本人から一言:
新社会人だけど、えっちです。

もち、リンクふりーです。
気軽にコメントくだされー
みんなでわいわいしましょ

※当ぶろぐは不定期でラジオ配信しています。コメントをその際に返答することもありますので予めご了承くだされ。

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

読んでます。

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。