スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術サークル員の憂鬱。2

前回までのあらすじ・・・




お酒と言う名の聖水により、




まさに紅白、2色に分かれてのジハードが今始まろうとしていた。












赤組、特に触り魔S氏の専横は酷いもので、





ここはどこかのお触りパブか!と突っ込みたくなる程、




男女関係なくサワサワしていた。






代われるモノなら代わりたかった←





その標的が自分になるまであまり時間は必要なかったようで、





ハッとねちっこい殺気を感じ振り返ると、





彼がにやにやしてぺるを見ている・・・





ぺるが触られるのが弱いことを知っている彼は





不意をついては触ってくるでわないか。





S氏「先輩大丈夫ですって!ボクに身を委ねて下さいYO!」






(((( ;゚д゚))))アワワワワ



抵抗するぺると彼とで取っ組み合いが始まった頃、





それに便乗してN女史も動き出す・・・





N女史「先輩は誘い受けなんですよね」ヘ(゚∀゚ヘ)にやにや









お願いだから耳元はやめてーーーーーーーーーー ←





そんな感じに赤組の攻勢が増す中、




我ら白組はと言えば、






白組会員「ぺるさん!暴れたらダメですって!鍋物ですよ!」





ってなぜかボクの足抑えだす彼。






次期会長「先輩だめじゃないですかぁ暴れちゃぁ~」






がっちりとボクの両腕を抑え込む彼。



白組♀会員「けしからん!もっとやれ!w」





助ける気は・・・ない←






加担する者、傍観者と2つのタイプに分かれていた白組。






要は誰も味方ではなかった・・・






酔ってない者は酔ってる者よりたちが悪い。





なんせ、理性を持って悪事を働くのだから、





救いようがまるでないのだ。








「ポケット入れてたら落ちちゃいますよ~」






とか言いながら携帯や財布が押収される。






3・4人に囲まれたワタシにもはや抗うすべなどあろうはずもなく、



あっという間に取り抑えられたぺる。





ドア||Д`)ノ た・・たすけ・・・





||  バタン・・・






ドアは無常にもN女史の手によって閉ざされた・・・















ア゛ッーーーーーーーーーーーーーーー











S氏を筆頭に、首から服の中まで弄られ、剥かれ、






縛られ、取り上げられた携帯で撮られる始末。






腕だけでなく、足も縛られ、





一見すると外傷はあまり見当たりませんでしたが、





心や見えない部分はぼろぼろでした。






はい、汚されました。





これで目も塞がれてたらもうアウトでした←






赤対白ではなく、既に総2年対ワタシとなっていた。





一つ言わせてもらうと、










ボク・・・これでも先輩です←







ちなみにその時の写真。↓

やられた・・・








精神的に非常に疲れる時間がようやくオワリ、




ある程度会室も落ち着いてきたことにより、





S氏の、文字通り魔の手からようやく解放されたボクは





一人ぷよぷよで心落ち着かせていた。





OGといった一部の会員は、ベランダに行きくつろいでいた。






と、先ほど自分を縛り上げた






2年たちの会話が後ろから洩れ聞こえてくる。




「いっそのことサークルの総受け本つくろうよ」





「いやまじそれいいよねつくろうよ♪つくろうよ♪」




「それいいね~S君とかと一緒に」




「会長とか受けでしょ完璧」




「S君は受けだよね」




「いや攻めでしょむしろ」




「ホントだれ書こうかぁ」




「・・・・・・」




「まぁ・・・手頃なのはすぐ近くにいるけど・・ね」(にやり)






背中にねっとりとした複数の視線を感じたのは気のせいじゃないはず・・・←







そんなことありつつ、途中から次期会長らとぷよりだしたぺる。





しかし、やはり後ろは騒がしい。





今度は暴走した女史を止めようと、その友人の♀が抑えこんでるところだった。




しかしはたから見た光景は




まさにこんな感じに脳内補正がかかっていた↓


ごちそうさまでした←





ええ、どうみても百合です。ありがとうございました←







途中で誰かさんがどうしようもない脳内妄想を始めたのは僕らの秘密←





その後、♀会員もあわせてぷよりだし、




ぷよぷよ合戦が繰り広げられてた。






しかし、やはりまた後ろが騒がしい。




今度は遂にへったてしまい、ソファーに倒れこむN女史に、





S氏が触って遊んでいたのを周りがきゃっきゃしていた。





外野1「ホント嫌なら嫌っていうんだよ!」




外野2「けしからん!もっとやれ!」




外野3「けしからん!ちょっと代われ!!」←





主に2と3は次期会長とぺ・・・げふんげふんw






そんなわけで、あっという間に時間は過ぎ、





何故か平日のど真ん中にカラオケオールという流れに。





ほんと体力は学生の資本だと感じざるを得ない。





2年しかいなかったので、保護者的なノリで同伴することに。





知らない曲は多々あれど、





選曲に何か配慮というか優しさを感じれたのは
きっと気のせいじゃないはず!





そゆわけで、主に精神的に疲れる1日は楽しく幕を閉じたとさ。








内輪ネタ自重しますw↓







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pelu6zyo1ma.blog93.fc2.com/tb.php/256-fa9be1d1

 BLOG TOP 

プロフィール

ぺる

Author:ぺる
ぺる:
新シャ怪人やってます。
兄弟:
オタの姉が金融会社を徘徊中・・・
最近の悩み:
上司よ早く家に帰らせてくれぃー


本人から一言:
新社会人だけど、えっちです。

もち、リンクふりーです。
気軽にコメントくだされー
みんなでわいわいしましょ

※当ぶろぐは不定期でラジオ配信しています。コメントをその際に返答することもありますので予めご了承くだされ。

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

読んでます。

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。