スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お先真っ暗。

秋と言えば食べ物が美味しい季節ですね。






そんなわけで最近は秋刀魚のお刺身ばかり食べてるわけです。





脂がのってて美味しいんです。






ぺるです。





その日、ぺるはいつも通りサークルでまったりしていました。





会室では、ぷよぷよをやる先輩。





それを眺めるぺるや後輩、





動画サイトを注視する女子。






JOJOを読みふける後輩。






という、何か既にカオス臭が漂っていなくもない気もしない







我が会室のごくありふれた光景がそこにあった。













とはいえ、時間が過ぎるというのは早いもので、




気づけば鍵を閉める時間となり、






日の沈むのが早くなってきたお陰か辺りは真っ暗。







肌寒くて物寂しい季節になったものだと、





暗い夜空を見上げつつ、ぺるらは駅へと歩いていく。






どうやら後輩二人が同じ方向らしく一緒に乗車。






俺の人生どこに向かうんだろう・・・。





自動ドアの窓から見える淡い街の光に想いを照らす。






と、ぺるのセルリアンブルーな心情は一瞬にしてかき消された。






後輩1「いやぁ、コーど●アスがさぁ――――」



わいわい・・・がやがや・・・




後輩2「っていうかニ●ニコ動画でやってたんだけど――――」





駅のホームでも喋っていた彼らの談議は車内でも止まらない。





電車の音しかしない車内で、彼らの声は更にこだます。






後輩2「いやマクロ●の最終回は――――」




ざわざわ・・・・・・




ううううう・・・・・・黙らせたい・・・・・けど黙らせたくない・・・・・




なぜか?




連れだと思われたくない・・・←








後輩1「~~~~なんですけどぺるさんはどうですか?」






ぺる「・・・・・・・・あ・・ああ・・・そうだね・・・」







俺に関わるなぁ~~~~~~!!!← 






俺は危険な臭いを感じ取り、おそるおそる横の座席に目をやった。





・・・・・・・






見てる!!!見てるよ!!!!




サラリーマンのおじさんが凄い目でコッチ見てるよ!!!!







いつの間にか俺は彼らと反対側のドアまで位置を取っていた。






気を静めてもう一度おじさんのみならず、周りを見回してみた。






周囲全体が凄い目でコッチ、いや彼らをみている。。。




にも関わらず、






話に夢中なのか、気にしてないのか、彼らは構わず大声で話している。





座ってる女子大生の眼が怖い・・・・






皆さんそんな目で見てやらないでください。。






これが夢に青春を賭けた男たちの姿なんです←








ボクの人生真っ暗闇です↓







夢と夢想は紙一重☆ぺるでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pelu6zyo1ma.blog93.fc2.com/tb.php/251-eca0513d

 BLOG TOP 

プロフィール

ぺる

Author:ぺる
ぺる:
新シャ怪人やってます。
兄弟:
オタの姉が金融会社を徘徊中・・・
最近の悩み:
上司よ早く家に帰らせてくれぃー


本人から一言:
新社会人だけど、えっちです。

もち、リンクふりーです。
気軽にコメントくだされー
みんなでわいわいしましょ

※当ぶろぐは不定期でラジオ配信しています。コメントをその際に返答することもありますので予めご了承くだされ。

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

読んでます。

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。