スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタク

もう3月。春休みも半分過ぎてしまったよ。
そゆわけで、ぺるです。


といっても、だんだん暖かくなってきて、
何かホントいい感じになってきましたね。


春といえば、出会いと別れ、新しい恋の季節
何かを期待せざるを得ないのはボクだけ?



はい、ボクだけ。




まぁ今日もぺるはバイト。
いつも通り、のらりくらりと接客を済ませてました。

で、ようやく交代の時間になったんで
店裏へ引っ込んだわけです。


そしたら、
そこには懐かしき高校の制服に身を包んだ女子が。


くたくたに疲れてたぺるにとって、
その光景はまさにオアシス!


そう。彼女は女子高生!略してJK!
この世が生み出しし人類の至宝!!
何がって、とりあえず制服がイィ!!(←変な意味ではなく)





ぺる「あ・・こんにちは」

おなご「こんにちは。」


とりあえず、挨拶をするぺる。
彼女は最近入った子で、専門学校への進学が決まっている高校3年生。





そんなわけで心のオアシスで高揚ってか興奮したぺるは
彼女と会話することに。


ぺる「制服いいなぁ。着てた頃懐かしいわ」

JK「でももう着れなくなっちゃうんですよぉ」


ぺる「はは、確かにコスプレになっちゃうね」


JK「もうすぐ、みんなとも離れちゃうし」


ぺる「でもま、また新しい出会いもあるから大丈夫だよ」


・・・・・・・・・・




話すうちに雰囲気がだんだんしんみりとしていく。







何とも言えない空気が辺りを包み込んでいった・・

気づくと、二人とも無言。



すると、彼女が口を開いた。


JK「実はぺるさんに聞きたいことが・・・・」



!!!!!!!!



ま。。。まさか!!この展開は!!



ちょ、ま。。心の準備が!!!





JK「ぺるさん!!」




ぺる「はぃい!!!」




JK「あの・・・・実は・・・・」




ぺる「・・・・・!!!」


















JK「メイドカフェ行ってみたいんですけど、どんな所なんですか?」







・・・・・・・・・・・











ぺる「・・・・・・・・はい?」



脈絡のない質問に
とりあえず困惑・・・・


聞いてみた。



ぺる「えっ・・・・てなぜに俺に?」
















JK「ぺるさん、そうゆうのよく行ってそうに思って。」








・・・・・・・・・・・・・・














ぺる「・・・・・・どこらへんがそう見えんの・・」















JK「え、なんか外見とかそんな感じがして・・・」











゜Д゜・・・・・・゜Д゜・・・・゜Д゜・・・・・






開いた口が塞がらずにいると、

そこに、
仕事を終えた同僚が入ってきてその話を聞くと、



同僚「あ、でもぺるさん、
この前あったオタクの映画に出てた人に似てますよね








ぺる「・・・・・」

















髪・・・切ろうかな・・・・





現在320位↓クリックありがとー





JK「じょ。。。。じょうだんですYO。そんな落ち込まないで」


ぺる「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだにげ・・・・・」

スポンサーサイト

コメント

インディアンとJKは嘘つかな〜い

あぁ、そこはフォローしてくれないのね木下君。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pelu6zyo1ma.blog93.fc2.com/tb.php/197-a02438b6

?????Х??ä?Υ??

?????Х??ä???

???ä??塡塡????????顦???

????????Υå????????ų???Υ??????????å?ήФ????????????

 BLOG TOP 

プロフィール

ぺる

Author:ぺる
ぺる:
新シャ怪人やってます。
兄弟:
オタの姉が金融会社を徘徊中・・・
最近の悩み:
上司よ早く家に帰らせてくれぃー


本人から一言:
新社会人だけど、えっちです。

もち、リンクふりーです。
気軽にコメントくだされー
みんなでわいわいしましょ

※当ぶろぐは不定期でラジオ配信しています。コメントをその際に返答することもありますので予めご了承くだされ。

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

読んでます。

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。