スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオハザードを思い出してみました②

屈辱です・・・

何がって、、、せっかくですよ。
せっかく、結構な時間をかけて伸ばしたアゴヒゲさんをですね。

たかがコンビニのバイトごときで
剃らなきゃならないっていうこの切なさ。

あのジョリジョリ感が最高だったのに・・・

とりあえずあれですね。
寒いです。
何がって心がです


とにかく今回もバイオ行きまぁす

続き










そいえば、分かんない人多いと思うんで
ゲーム中でゾンビってどういう原理でなっているかというとですね。
ウイルスに感染した人はその作用で死んだ細胞が蘇生したり、異常に代謝が活発になります。

だから、まず体が異常に痒くなったり、腹が空くわけです。(初代バイオでは、「かゆ。。うま。。」という大変有名なゾンビ成りかけの人の日記がある)

同時に筋肉やらが増強されて強靭になってくんですが、
代謝に見合った栄養が必要になるんで食欲がおかしくなるんです。

で、必然的に常に腹減り状態へ。
やがてウイルスが頭まで行っちゃうと、脳細胞がブッコして理性がどっか逝っちゃいます。


その時点で、皆が認識するゾンビーノになって、代謝で、もはや抑え切れない食欲が他の人間、たんぱく質の塊に向いちゃうっていう。でも、一応は生きてるって感じなので、頭フッ飛ばせば死ぬわけです。
なんかゲーム中では死んだ人とかもゾンビってますが、汚染濃度が高かったり、やっぱり頭が無事だと細胞が蘇生して動いちゃうみたいです。

あ、ちなみになんでゾンビが他のゾンビ食べないか不思議に思いませんか?あれはですね。ゾンビは常に代謝を繰り返してるから、やがて体組織が腐っちゃうんですよ。だからたんぱく質も糞もないんですね。で、ウイルスに冒されてない新鮮な肉を求めるわけです。



と、前置きが長くなりましたが、さっそく続きいってみませう
前回はバイオ「0」を話しましたね。

で、洋館に向かったレベッカたんなんですが、ブラヴォーチームは、レベッカたん以外美味しく頂かれたわけなんで、
外部との連絡が途絶えたわけです。

そこで、もう一つの部隊であるアルファチームが出動することに。
で、またヘリで捜索に出向いて森に到着。

そしたら案の定、ゾンビ犬やらに襲われて、なんとか洋館に逃げ込んだアルファチーム。
無事ついたのは、隊長のウェスカーたんに、隊員のジルたん、クリスさん、バリーさんの4人ですた。(1名がヘリで洋館上空で待機。1名あの世w)
そんなわけで、これが初代、バイオ「1」の始まり。
で、主人公が、クリスさんと、ジルたんの二人。

ちなみに気づいた方はいると思うんですが、アルファチームの隊長のウェスカーたんは、あの始祖ウィルスを作ったマーカスちんを、裏切って殺した人の片方と同一人物なわけです。

つまり、ウェスカーたんはアンブレラの社員という身分を隠して、アンブレラの研究施設とかを色々嗅ぎ回るスターズを監視してたんでし。


んで、先にネタばらししちゃうと、この洋館、もとい研究施設でウィルスが漏れちゃったのは本当に事故だったんだけど、アンブレラ社は、これを良い機会とばかりに、スターズに調査に行かせることで、ウィルス兵器と人間の実戦データを採ろうとしたわけです。で同時に、スターズに潜り込ませてたウェスカーに、施設を爆破させることで、証拠隠滅、滅菌処理をしようと考えたと。
だから、ブラヴォーチームのヘリ事故も彼の仕業で、館への誘導とか裏で糸引いてたのがこいつだったわけです。


で、作戦を実行するにあたり、ウェスカーたんは、一人だと微妙と考えて、同じ生き残りのバリーさんを脅迫するわけです。「そういえばお前かわいい娘がいたなぁ。俺の言うこと聞かないとアンブレラがナニするかわからんぜよぉ」ってな具合w

そんな悪代官と化したウェスカ―たんにバリーさんは渋々従うことに。

とまぁ、アンブレラに従順なウェスカーたんなんですが、実は別の目的があったわけで、
この洋館にTウイルスで作り上げた最凶ゾンビというか、生物兵器が保管されてたわけです。
それが、タイラント(暴君)って化け物。


話はそれちゃうけど、


アンブレラとしては別にそんな感染力が強くて危なっかしいウイルスに興味があったわけじゃなかったんです。会社が欲しかったのは、そんなウィルスで作った圧倒的に強い化け物であり、尚且つ命令を聞ける化け物だったわけです。
そうでなきゃ生物兵器として役に立たないんです。
戦争で使うにしても、ウイルスそのまんま使ったら余裕で相手を滅ぼせますが、結局核爆弾か何かで滅菌しないとどうしようもないし、中途半端な生物兵器は命令聞かないから扱えなしと、いいこと全然ないわけです。

で、その中である意味完成してたのが人をベースに爬虫類の遺伝子を組み込んだ「ハンター」ってのと、Tウイルスに抗体のある人を素体にして作った「タイラント」だったわけです。

この2種類はある程度の命令を理解できたんでかなり使える存在だったって。



で、話戻すと、

一番兵器として優れてた「タイラント」と、今回の実戦データ、この二つを、ウェスカーはアンブレラを裏切って別の会社に手土産として持ってくことで確固たる地位を得ようとしたわけです。

(終盤でこの事実を知ったバリーは、ウェスカーとアンブレラの思惑が違うから、家族に危害が及ばないと分かって主人公側に戻る)

そのついでにウェスカーは、もう一人の裏切り者、ウイリアムさんが開発した特殊なウイルス(後のGウイルス的存在)を自分に投与した上で、わざと主人公たちの前で「タイラント」にグチャって殺されます。これは、投与してから一度意識を失うと仮死状態になって、外見はそのままに、脳を冒されずにウイルスによって肉体が強くなって生き返るっていう優れものだったんです。
     ↑
(ちなみにこのウェスカー生存の設定は、バイオ「ベロニカ」になってやっと明かされる事実)

ウェスカーとしては、「タイラント」がクリスやジルを殺して厄介事が片付いた後、蘇生して、「タイラント」回収やら施設爆破で証拠隠滅やらしたかったみたいなんですが、
予想に反してクリスさんたちが強すぎて、タイラント消し炭にしてヘリで脱出しちゃうもんだから。。

まさにオーマイゴッドってやつです。アンブレラには戻れないし、かといって裏切った先も大した地位につけないと。
そんなわけで、「ベロニカ」に登場するウェスカーはクリスさんたちを異様に憎んでます。
テラ逆恨みもいいとこですw



とまぁ長々と述べましたが、結局洋館からは、レベッカたんと、ジルたん、クリスさんにバリーさんが生還できるわけです。



いやぁ、、、また長くなってしまいました。。
それだけ、バイオへのトラウマが強かったってことですw
怖いけど見たい、ってやつです


とりあえず、この辺で。次回はバイオ「2」からぁ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pelu6zyo1ma.blog93.fc2.com/tb.php/164-8740c8bd

 BLOG TOP 

プロフィール

ぺる

Author:ぺる
ぺる:
新シャ怪人やってます。
兄弟:
オタの姉が金融会社を徘徊中・・・
最近の悩み:
上司よ早く家に帰らせてくれぃー


本人から一言:
新社会人だけど、えっちです。

もち、リンクふりーです。
気軽にコメントくだされー
みんなでわいわいしましょ

※当ぶろぐは不定期でラジオ配信しています。コメントをその際に返答することもありますので予めご了承くだされ。

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

読んでます。

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。