スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、映画とか

コンです。

最近は、夏休みも終わり、
またうにうにと毎日を過ごしております。

今日もツタヤさんに行ってきて映画みたので
ご紹介です。



Starship20Troopers203.png

「スターシップ・トゥルーパーズ3」


前回ブログで紹介した映画の3作目ですね。。
1作目の主人公を起用したり、人型決戦兵器なるものも
でたりします。

ただ、正直。。。
「過去3作品の中で最も駄作だったと言えます。」



「1作」>>>>>>>|越えられない壁|>>「2作」>>>>>「3作」(本作)

面白さを表すとこんな感じ
なんでこんな評価かというと
予算に合わないスケールにしたからと私は考えます。


1作目は膨大な金をかけて惑星間戦争レベルの規模を、
演出やCG等の魅力ある素晴らしいものにしていました。


2作目は、非常に低予算と言う中で、
演出やCGの質は落とさず、
舞台を基地内のみに限定することで
規模は小さいながらも、
面白いものになっていました。


ところが3作目はというと、
2作目より予算はあり、1作目よりないという中で、
1作目の規模を展開しようとするもんですから、
演出やら何やらもう酷い。


何か今作の目玉らしいマローダーなる兵器も

えっ( ゚д゚)ポカーン・・・・

みたいながっかり加減。
悲しい限りです。


期待していたB級映画の末路がこれとは。。。
しょんぼりです(´・ω・`)




気を取り直して2作目。


gazou.jpg


「リミット」

あらすじは、
イラクでトラック運転手として働くアメリカ人ポールは、
ある日突然何者かに襲撃され、気づくと地中深くに埋められた棺の中にいた。

手元にあるのは携帯電話、ライター、ナイフ、ペン、酒、そして残り90分の酸素のみ。
タイムリミットが迫るなか、ポールは必死に脱出を試みる。



と、映画開始がいきなり真っ暗闇でスタートするわけです。
この映画が新鮮だったところはやはりなんといってもその舞台です。


終始映画を通して映るのは主人公が閉じ込められている木箱の中のみ。
外部との連絡手段は誰のかわからない携帯電話のみ。


それで2時間近い映画にするんですから
その点に素直に驚きました。
箱に生き埋めにされた心理状態もよく表現できていたと思いますし、

正直「前回今回記事で紹介した映画のなかで最も面白い映画でした。」


皆さんにも観ていただきたいとは思いますが、
ただ、あらすじにある
「残り90分の酸素のみ」

という表記は正直詐欺情報です。
酸素関係ないじゃん!という突っ込みはよしてあげてください。



今日はそんな感じです。では。|ω・`)チラッ
スポンサーサイト

そうだ。映画を観よう

こんこん。


久しぶりに映画を家で見たいと思い立ち、
3枚もDVDかりてきちゃってイッキに観ちゃいました。


まず一枚目。

20100728_incitemill2_v.jpg

「インシテミル」7日間のデス・ゲーム


これについては、僕からは特にコメントしません。←えっ
下に貼った他の方の感想を観てもらえれば大体つかめると思います。|彡サッ


「インシテミル」感想
「インシテミル」(映画)感想


まぁ、ボクは、北大路欣也さんや藤原竜也さんの演技が見れただけで十分ですけどね。|ω・`)チラッ




では2枚目。


top.jpg
「涼宮ハルヒの消失」

一昔前にやたら流行ったそうなアニメの劇場版というやつですな。
これもあまりコメントは差し控えたいですが、
「要は主人公とチュッチュニャンニャンしたい準ヒロインがやらかしました」
ってことでおk?←

まぁ、そんな映画でした|彡サッ




さて、3枚目

buyd02.jpg

「スターシップトゥルーパーズ2」


SF映画の第2作目ってやつです。
虫型エイリアンと人間がスデゴロやる映画ですねはい。


第一作目の10分の1程度の予算で作られたらしいだけあり、
正直、タイトル別でもいいんじゃなかろうか
という思いを抱かずにはいれないほど、別物映画と化しておりました。

悪くはないんだけど前作のノリで望むと(´・ω・`)ショボーンとする映画です。


1作目の登場人物は誰一人出ていないし、
外伝みたいな感じ。


ただ、これの3作目は、1作目に立ち返った作品作りがなされているそうで、
1作目の主人公が成長したその後のお話が展開されるとかされないとか。。

早速これから、借りに行ってこようと思います。( ̄ー ̄)ニヤリ


といったお休みを過ごしております。|ω・`)チラッ


乙一

後輩の家に泊まりに行った際、
面白いというので買ってみました。







乙1




とても面白く一気に読んでしまいました。
これを書いたのが16歳の男の人だとは思えない出来でした。



サスペンスものでよくある、

話の最後でわかる、物語のどんでん返し、
今作にもやはりあったわけですが、

やはりそこを読んだときはwkwkでした。


なるほどねー^^

文中にあった、
「犯人はあえてこの村を避けているのかもしれない」


的な一文が、
実は大きな伏線であると知った瞬間のwkwk度合いといったら。。。




とまぁ、読んだ直後の火照った身体で走り書きさせて頂きました^ω^














それにしても、


歪んだ愛情だ。

久々に映画館へ。

久々に映画館へ行ってきました。
観たのは「アバター」です。


images.jpg




聞いた評判で面白いって聞いてたので
期待していってきました。


話題の3D映像らしいとのことで
3D鑑賞メガネをかけて乗り込んできたお(-●ω●-)



感想ですが、
普通に面白いものでした。



何と言っても映像が凄いです。

3D映像とかの迫力で
思わず向かってくる物体を避けようと
顔を動かしたりしちゃいましたw



お話の内容は、
アメリカ映画によくある、


「正義は勝つぜ!」「主人公無双だぜ!ひゃーはー!」

な感がありましたが


王道的ストーリーでも
やはりその迫力で物語に入ることができる良作だと思います。
あと、ジブリ的要素が多分に含まれてる印象も受けました。



個人的に、敵の大将が強すぎな件に笑ったwww



映画の出だしで少し物語の説明不足な点がありますが、
ボクはとても楽しめた映画でした^^














♂「そういえばジェームズキャメロンの癖に濡れ場がカットされてたね。」


♂2「家族映画にしたかったらしく意図的にカットしたそうだよ」


♂3「へえーー」


♂2「だからDVDではカットせずに流してるらしいww」


♂「え・・・じゃあ・・」


ぺる「まさかDVDでは、あの触手と触手が・・・」


♂2「ええ・・・」




余暇の楽しみ。




最近、ゼミ論文を書きながら
『銀魂』にはまってます。



名前くらい聞いたことある人も多いと思いますが、
少年ジャンプで連載している漫画です。


文字が多くて読むの面倒臭いと読んでないんですが。←




去年くらいに、うちの姉が
「『銀魂』のアニメを全話とってこい」


なんて香ばしいことをのたまってきて、
調べたら100話以上余裕であって、

お前殺す気か!と、ぶっ飛んだ記憶がありました。




結局、撮るだけでボクは見てなかったんですが。



それが、最近ニコニコ動画で、
こんなのを見つけまして。↓











なんとなく見たら、
普通に爆笑しちゃいまして。




漫画だと感じられなかった
ボケとかつっこみの臨場感がわかって、

「アニメになって化ける珍しい漫画だなぁ・・・」




素直にそんなこと思いつつ、姉のために去年撮ったアニメを、
ゼミ論をやりながら、掘り起こして見てました。




どうせ最近、雨で外に出るのも億劫だし、
こういうので時間潰すのもいいかもね。





更新意欲が湧きます。↓





現在54位です。




「サークル」「銀魂」「ぶろぐ」「HY」

ここら辺が、最近の余暇の楽しみだなぁ。

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE

プロフィール

ぺる

Author:ぺる
ぺる:
新シャ怪人やってます。
兄弟:
オタの姉が金融会社を徘徊中・・・
最近の悩み:
上司よ早く家に帰らせてくれぃー


本人から一言:
新社会人だけど、えっちです。

もち、リンクふりーです。
気軽にコメントくだされー
みんなでわいわいしましょ

※当ぶろぐは不定期でラジオ配信しています。コメントをその際に返答することもありますので予めご了承くだされ。

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

読んでます。

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。